夏の思い出

MENU

梅雨真っ只中のある朝の出来事

梅雨明けの朝

 

今朝は朝から雨が降っていました。

 

最近が晴れや曇りの日が続いていて、久々に梅雨らしい天気だなと思いながら雨戸をあけていたところ…ベランダに何か黒い虫がいるのを見つけました。

 

一瞬色と大きさでもしやゴキブリかと思ったのですが、よく見たらクワガタムシのオスでした。

 

私は虫に抵抗がないのでつまんでみたところ、雨に濡れて少し弱っている感じでした。

 

 

まだ生きていたのでとりあえず餌でもあげてみようかと小さな箱の中に入れました。

 

餌は蜂蜜を薄めたものでいいと聞いたことがあったので、それを脱脂綿に含ませて口元にもっていくとかなり長いこと脱脂綿を舐めている様子が見られました。

 

クワガタムシのつやつやした羽根を眺めながら、小さいころに早起きをしてカブトムシやクワガタムシを取りに行った夏の思い出が浮かんできました。

 

梅雨明けはまだ少し先でしょうけれど、もうすぐ夏なんだなと実感した出来事でした。